×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅控除とは?

まず住宅控除について説明します。仮にある人が自分の現在住居としている住宅を増改築したり、新しく新築の住宅を購入又は中古の住宅を思い切って購入したとします。その際に、住宅金融公庫等の公的機関からの融資や銀行・信用金庫等の民間金融機関からなどのいずれかの金融機関から融資を受け、住宅の取得のために返済期間が10年以上の融資を継続的に受け続けた場合には、所定の手続きを済ませれば、自分がその新たな住宅に住むようになった年から、ある定められた一定の期間の間、自分が居住するスペースとして生活した年月に対応して、住宅控除として所得税から所定の金額が控除されます。さらに、この住宅控除は、自分の住宅と同様にその敷地についても該当します。
なお、住宅控除適応2年目以降からは、給与所得者に限り年末調整で住宅控除の適用を受けることが可能です。

確定申告書と住宅控除

住宅控除をはじめて受ける人は次のようなことが必要です。まず、確定申告書の所定欄に必要事項を記入してください。次に書類の添付するものとして、住民票の写しやローンを組んでいる金融機関等から交付されている住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書・増改築の場合に限り建築士から交付を受けた増改築等工事証明書・耐震基準適合証明書、敷地・家屋の登記事項証明書、その他一定の書類を確定申告書に添付して、住宅控除を受けようとする年の翌年の2月16日〜3月15日までの間に確定申告とともに住宅控除を受けるための書類を添付し税務署に提出することではじめて住宅控除の申請が完了します。ただし住宅控除の対象となる借入金が土地などで発生していれば、上記以外にもさらに一定の添付書類を提出しなければなりません。なお、1月1日以降であれば、税額の還付を受けるための確定申告は、2月15日以前なら可能です。

住宅控除の手続きの準備

住宅控除の手続きをするためにどんな書類をどこから?という疑問を解決すべく住宅控除の申請に必要な書類に迫ります。
住宅控除を受けるため、下記の書類を各場所から取り寄せを行い確定申告書に添付して、その管轄である税務署に提出し住宅控除の申請をしないといけません。
まず市役所・町役場等から住民票の写しを取寄せます。次にローンを申込みをした金融機関等から交付された「住宅取得資金にかかる借入金等の年末残高証明書」を用意し、税務署から住宅借入金(取得)等特別控除額の計算明細書を取り寄せます。次に法務局・出張所から建物やその敷地の登記簿謄(抄)本を手に入れてください。そして契約書に記載されている売買契約書等、家屋等の購入年月日及び家屋等の購入の対価の額を明らかにする書類。次に所得がわかるものとして給与所得者の場合、給与所得の源泉徴収票などを用意。増改築の場合は、契約書に添付されている建築士から交付を受けた増改築等工事証明書。住宅控除の手続きをするには上記書類を確定申告書に添付してください。

Copyright © 2008 住宅控除の申請の手続きを伝授!
06/14 のラッキーページは 住宅控除の申請の手続きを伝授!  [ページ一覧]